カテゴリー「ZZR1200」の122件の記事

2022年5月14日 (土曜日)

ZZR1200 前後タイヤ・チェーン・スプロケット交換 リアブレーキマスターオーバーホール クラッチホース・リアブレーキホース交換

20220421-zzr1200-tire02
 
20220421-zzr1200-tire01

126603km
 
フロントタイヤ 2017.6.3 108950km パイロットロード4 17653km走行
リアタイヤ 2016.5.20 105062km パイロットロード4 21541km走行
チェーン・スプロケット 2013.11.24 97000km 29603km走行
 
と、リアタイヤに至っては6年無交換とまずい状況。
前後サスをリフレッシュ勢いでタイヤとチェーンスプロケットを交換して駆動系もリフレッシュすることに。
 
前後タイヤ交換 ミシュラン パワー5 フロント 120/70ZR17 リア 180/55ZR17
エアバルブ前後交換
アクスルシャフト前後交換
リアホイールはハブベアリング、クッシュダンパー、スプロケットを固定するボルトナットも交換

チェーンとスプロケットは
チェーン 江沼チェーン 530ZVX3ーAB/NP
フロントスプロケット XAM C6405-17T クロームモリブデン鋼 17丁
リアスプロケット XAM B6410-44T タフライトスチール 44丁
 
ついでに
リアブレーキマスターのオーバーホール、リザーバータンクの交換
クラッチホース、リアブレーキホースをスウェッジラインに交換しました。
 
走ってみた感想ですが、パワー5はパイロットロード4とはまったく違いますね。
タイヤパターン見ると溝が多くツーリングタイヤっぽい雰囲気ですが、強大なグリップで接地感がしっかりあって安心して走れる感じです。
 
前後サスがしっかり動くようになったこともあってスロットル開けやすくなりました。

| | コメント (0)

2022年3月26日 (土曜日)

ZZR1200 フロントフォーク リアサス オーバーホール ついでにエンジンオイル交換

126013km
 
フロントフォークとリアサス(WP製 17.17.W8.55/02)のオーバーホールをしてもらいました。
フロントフォークは2014年5月に98500kmでフォークオイル交換(約8年前 27500km 走行)
 
20220301-zzr1200-suspensionoverhaul01
自分で言うのもなんですが普段の手入れが良いのでフロントフォークのインナーチューブはほぼピカピカです。
 

リアサスは2013年12月に97500kmでオーバーホール(約8年半前 28500km走行)
20220301-zzr1200-suspensionoverhaul02
自分で言うのもなんですが奥まったとこにあってまったく手入れできないので錆び錆びです。
 
オーバーホールは行きつけのバイク屋さんからMondo Motoさんにお願いしてもらいました。
 
フロントフォークは
バネをWPのプロライン 99320291A Kaw ZZR1200 02~に交換
フォークシールはSKFのKITB-43Kに交換
 
20220301-zzr1200-suspensionoverhaul03
 
20220301-zzr1200-suspensionoverhaul04
 
20220301-zzr1200-suspensionoverhaul05
 

バイク屋さんへMondoMotoさんからの作業内容を記したメール内容を抜粋すると
 

フロントフォーク
スプリングプリロード キャップTOPより15.8MM
油面 130MM
オイル 5番(動粘度15
 
フロントフォークは定期メンテナンスとして同梱されていたオイルシール類の交換を実施。
ブッシュ類は当りが良好なので再使用。
カートリッジは非分解式のタイプなので外観からですが洗浄作業をしっかり実施。
インナーチューブの研磨を行ない仕上げた。
スプリング交換についてはスプリングの入れ替えと、分解点検時にスプリングプリロード量が少なく感じた事、またメタルタッチの部分が有ったのでジュラコンでプリロードスペーサーを製作してセットし直し。
フォークオイルはWPフォークスプリング付属の物は固い印象だったのでWAKOS01相当の柔らかめの5番(動粘度15)を使用。
 
だそうです。
走った感じはプリロード量は従前と変えずに(以前フロントホイール交換時にひと目盛分緩めてそのまま)で走ってみましたがバタツキ感はだいぶなくなりました。
しっとり良い感じ。
バネを交換した違和感みたいなのはなかったです。
まだ固い感じがするのでもう少しプリロード緩めて乗ってみようと思います。
 
 
リアサスはオイルシール、Oリング類交換
バンプラバー(バネの下にいるクッションみたいなやつね)交換
バネは錆び錆びで交換も考えましたがリアサス自体が廃盤なのでパウダーコート塗装してもらいました。
 
20220301-zzr1200-suspensionoverhaul06
 
20220301-zzr1200-suspensionoverhaul07
 
20220301-zzr1200-suspensionoverhaul08
 
20220301-zzr1200-suspensionoverhaul09
 
リアサスもメール内容を抜粋すると
 

リアショック
スプリングセット長 167MM
ハイスピードCOMP 9
ロースピードCOMP 9
REB 9
アンダークランプ取り付位置 ねじ山の下から3山の位置。
  
リアショックも各部しっかり点検/洗浄/組付けを実施。
オイル汚れはそれ程進行していなかったが、経年を考慮して必要と思われるパーツ類の交換を実施。
ピストンロッドを研磨して組み付け。

だそうです。写真見たら作業大変そう。
 
こちらも圧縮、伸び側ともにWPの標準設定(すべて全締めから9クリック戻し)でプリロードがリモコンの目盛で16mmが標準設定ですが固すぎな気がするので10mmで乗ってみましたがリアサス新品の頃のしっとり感を思い出しました。
まだ固い気がするので圧縮、伸び側共緩めて良いとこ探っていこうと思います。
 
20220301-zzr1200-suspensionoverhaul10
 
20220301-zzr1200-suspensionoverhaul11
 
20220301-zzr1200-suspensionoverhaul12
 
これから走るの楽しみです。

| | コメント (0)

2022年2月27日 (日曜日)

ZZR1200 左ハンドルスイッチボックス分解清掃

ウィンカースイッチの動きが渋いので分解してグリスアップすることに。
 
20220227zzr1200leftswitch01
 
グリップヒーターを取付けた時の接着剤がスイッチも接着しててちょっとてこずりましたが無事分解。
中を見るとグリスがただの黒いカスになっておりました。
 
20220227zzr1200leftswitch02
ウィンカースイッチを取り外し。
指で押すボタンを外さないとスイッチボックスから抜けないのでボタンも外します。
下から覗くと写真の金具の四角い穴に引っ掛けてあるのでそこを押しながら引っ張れば抜けます。
 
20220227zzr1200leftswitch03
電線がはんだ付けしてある黒いパーツを外さないと電極の清掃ができません。
購入して20年経過してるのでプラスチック部品はすぐに割れそう。
シリコングリス塗ってそっと分解します。
 
20220227zzr1200leftswitch04
なんとかとれました。
ここからさらに分解。
 
20220227zzr1200leftswitch05
グリスのカスがこびりついてますが意外と黄色く変色したりとかもなくきれいな感じ。
 
20220227zzr1200leftswitch06
金属部分も磨いてグリス塗って組みなおし。
 
20220227zzr1200leftswitch07
こちらはヘッドライトのHiーLo切り替えスイッチ。
電極は少し緑青噴いてました。
磨いて接点復活剤塗ってと。
 
20220227zzr1200leftswitch08
きれいになりました。
組付けるときに写真を撮ろうとしたらバネの力でスイッチが空中分解し、小さいバネ2本とバネの先についた小さい金属球1個が行方不明になり捜索に30分費やしてまいりました。
見つかってよかった。

 
20220227zzr1200leftswitch09
こちらはハザードスイッチ。
磨いたあとの写真ですがこちらはあまり汚れてなかったです。
ただ黒いパーツ外すときに黒いパーツの爪が一か所欠けました。
慎重にやったので残念。
4か所で止まってるのでまあ良しとしましょう。
ハザードだし。
 
赤いスイッチはこれ以上分解するのはやめておきました。
スイッチを押すと奥で止まってもう一度押すと帰ってくる仕組みは謎です。
 
20220227zzr1200leftswitch10
スイッチボックスはきれいに掃除してクリンビューのタイヤ艶出し用の「ノータッチ」で艶出ししときました。
 
パッシングスイッチとホーンボタンは分解できないですが電極同士が向かい合わせになってるだけなので接点復活材で電極拭いておきました。
 
全て元通り組みなおして動作確認してOK。
ただシリコングリス塗りながら組みなおしたウィンカーはまだ動きが少し渋い。
 
イラっとして隙間から呉556の無香料タイプを噴いてやったらもうちょっとマシになりました。
(556の無香料タイプはプラスチックでも大丈夫と書いてありますがほんとかいな?)
 
20220227zzr1200leftswitch11 

| | コメント (0)

2022年2月26日 (土曜日)

ZZR1200 ラジエーターホース交換

20220115zzr1200radiatorhose
 
エンジンとエキゾーストパイプの間に見えるラジエーターホース、少し水漏れを起こし始めてたので交換しました。
まだ部品出てよかった。
 
Zzr1200reikyakukei
赤く囲った部品になります。

| | コメント (0)

2022年1月22日 (土曜日)

ZZR1200 ブレーキ手入れ

20220116zzr1200brake02
 
125995km
R1200GSに続いてブレーキ手入れ
 
20220116zzr1200brake01
リアブレーキから。
パッドの残りは2.8mm
 キャリパーは中性洗剤でザブザブ洗ってピストンにはグリスを塗ってパッドも角を落としてピストンとの接触面にはパッドグリスを塗って組付け。
 
続けてフロントブレーキも分解。
 
20220116zzr1200brake03
 
20220116zzr1200brake04
パッドピンは以前ステンレス製に交換してあったので磨いたらピカピカに戻りました。
パッドは残り2.7mmでした。
あと5000kmくらい走ったら前後とも交換かな。
リアブレーキと同じようにキャリパー中性洗剤でザブザブ洗ってピストンにはグリスを塗ってパッドも角を落としてピストンとの接触面にはパッドグリスを塗って組付け。
 
走るの楽しみです。


| | コメント (0)

2022年1月 1日 (土曜日)

本年もよろしくお願いいたします。

20220101hiode
今朝の日の出です。初日の出拝むことができました。
 
2020年末にも1年を振り返ってみましたが2021年も振り返ってみましょう。

 
まず、毎月徒歩と自転車で300kmの目標はすべての月でクリアできました。
 
年間の移動距離は
徒歩 750.8km 
20220101matome07
 

自転車 3438.1km 
20220101matome08



両方合わせて 4189kmでした。 
20220101matome06


 
1日当たり徒歩2.05km 自転車 9.42kmですね。
よく頑張りました(自分で言うなよ)
今年も頑張ります。
 
 
続いて乗り物別の年間走行距離
 
まずは自転車から
 
ロードバイクのORBEA ONIX(2010年式)
今の総走行距離が14680kmで昨年末が13611kmで1069km走りました。
2020年は1734km走ったのでかなり減っちゃいましたね。
今年はもうちょっと乗ろう。
20220101matome01


通勤のMTB GIANT ROCK5200(2003年式)
今の走行距離が30275kmで昨年末が27734kmなので2541km走りました。
8月にごっそり部品自分で取り換えたので楽しくてONIXよりたくさん乗っちゃいました。
20220101matome04

 
 
続いてはオートバイ
 
R1200GS(2013年式)
今の走行距離が61374kmで昨年末が56149kmなので5205km走りました。
SSTRの参加や四国へ行ったのが大きかったかな。
2020年は4105kmだったのでまあまあ頑張って乗りました。
SSTR行ったとき雨の夜で寄る年波には勝てず非常に暗くて見にくかったので補助ライトつけちゃいました
20220101matome03

 
ZZR1200(2002年式)
今の走行距離が125961kmで昨年末が122839kmなので3122km走りました。
昨年も3200kmくらいだったのであんまり乗ってないなあ。
遠出で荷物載せようとするとGSになっちゃうもんなあ。
でも直4エンジンでキャブレターなんで手放したら今後乗れないですものね。
回すと僕には十分くらい速いし、騒音規制がまだ緩かった頃なので排気音迫力ありますしね。
2022年は前後足回りオーバーホールしようと思ってます。
あと、スピードメーターの針、フワフワ揺れるんだよなあ。
ダンパーオイル切れてると思うんだけど。
20220101matome02
25961kmじゃないよ。一周回ってるから125961kmです。
 
最後は自動車
 
シビック(2000年式)
今の走行距離が121595kmで昨年末が115993kmなので5602km走りました。
20220101matome05
途中、オドメーター動かなくなったので実際はもうちょっと乗ってますが。
2020年はコロナで通勤電車もどうなのかという感じでしばらく車通勤してたので7743kmも走ったのですが今年もまあまあ走りましたね。
遠出してないんだけどなあ・・・そんなに走った感じがないなあ。
昨年はマフラーホイールを新調しました。
段々見た目だけはやる気満々な感じになってきました。


全ての移動を合計すると
 
18117.9kmでした。
 
昨年は18657kmだったので大体一緒ですね。
 
今年はもうちょっと走り回って合計20000kmくらい移動したいなあ。
 
でも6月にZZR1200の車検、10月にR1200GSの車検、開けて1月にシビックの車検と地獄の車検三連荘が待ってるw

| | コメント (0)

2021年10月24日 (日曜日)

ZZR1200 クラッチのレリーズシリンダー腐食

124577km
 
ZZR1200のクラッチ、2007年4月 46800kmでZZR1400用のレリーズシリンダーに交換してます。
 
最近、クラッチレバーを握ってもクラッチが切れない、クラッチレバーの手応えがスカスカ、ほんのちょっとクラッチレバーに入れた力を抜くだけでクラッチがつながるなど、様子がおかしいので見てもらいました。
 
フルードを抜きレリーズシリンダーを見ると
 
20211024zzr1200releasebearing02
 
 
20211024zzr1200releasebearing01
 
ケース内がめちゃ腐食してました。
 
このせいで押し出されたピストンが戻りづらくなり上記症状になったと思われます。
腐食した部分はピストンよりエンジン側なので空気や水分が出入りできる状態の箇所なので長年乗ってるうちにこうなったんでしょうね。
 
新品のレリーズシリンダーに交換しました。

| | コメント (0)

2021年6月 5日 (土曜日)

ZZR1200 車載工具

20210522zzr1200tool01
 
ZZR1200もR1200GSと同じようにパンク修理キット、ブースターケーブルを積んでます。
R1200GS車載工具再再考

20210522zzr1200tool02
R1200GS1よりはるかにシート下のスペースが広大なのでたくさん積めます。

右上はアストロプロダクツのフォールディングワークライトWL797
赤くも光るので道路上で故障時に後方車両に知らせることもできそう。
その横は岡田商事のTIPTOPブランドのパンク修理キット
一番左下は2m㎡の電線とワニ口クリップで作ったブースターケーブル
その上は自転車用の携帯ポンプ GIYO GM821です。
 
全部シート下に納めると最初の写真のようになりますがまだまだ余裕あります。
ZZR1200すごい

| | コメント (0)

2021年2月14日 (日曜日)

ZZR1200 メインリレー回りのメンテ

20210213zzr1200mainreray02
 
そういえば新車購入してから18年、ヒューズを交換した覚えがないので予防保全でヒューズをすべて交換することに。
ZZR1200にはシート下のヒューズボックスとバッテリー後ろにヘッドライト(30A)、アクセサリー電源(10A)とメインリレーに30Aがあります。
まずはメインリレーのとこから。
バッテリーのプラスの端子を外してプラスのリード線外に引っ張り出すとメインリレーにアクセスしやすくなります(最初にバッテリーのマイナス端子外そうね)
 
20210213zzr1200mainreray03
外したメインリレー。端子類は緑青噴いてるので磨き倒して
(磨くのにアストロプロダクツのセールで買ってきた充電式ホビールーター使ったらめちゃ楽でびっくらこいた)
接点復活剤つけて組み付け。
ついでにヒューズも交換。
 
20210213zzr1200mainreray04
出来上がり。
 
20210213zzr1200mainreray01
一緒にヘッドライトリレーの30A(すぐ横に刺さってる30Aヒューズはスペアです)とアクセサリー電源の10Aヒューズも交換。
 
ヒューズボックスのは時間切れで次回に。

| | コメント (0)

2020年9月21日 (月曜日)

ZZR1200 ラジエーターキャップ交換・クーラントブースター添加

122000km
20200921radiatorcap06
 
ラジエーターキャップが見た目にも劣化してきたので交換することに。
(サーモスタットは2009年8月 66000km時に交換してるんだけどついでに交換すればよかったな)
 
20200921radiatorcap01
 
ラジエーターキャップはPLOTのクールテックSにしました。
ZZR1200は液圧93~125kPaで弁が開くとなっているので108kPaのクールテックSの方をチョイス。
クールテックRは127kPaなのでビビってやめました。
 
ついでにワコーズのクーラントブースターも入れることに。
5~10Lに1本(250ml)なので冷却水全容量3.2LのZZR1200には100mlほど入れることに。
100ccほどラジエーターキャップのとこから冷却水を抜いて代わりにクーラントブースターを添加。
 
20200921radiatorcap04
残りはR1200GSに入れますか
 
20200921radiatorcap03
100mlほど冷却水を抜いて
 
20200921radiatorcap05
クーラントブースターを添加
 
20200921radiatorcap07
出来上がり
 
走ってみるとあきらかに電動ファンが回る温度に達する時間が長くなりました。
クーラントブースターすごい。
(たぶんラジエーターキャップの交換自体は水温変化に関係ないかと)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧