カテゴリー「シビック TYPE R」の60件の記事

2022年2月26日 (土曜日)

シビック ホーンとウォッシャータンク交換

リアバンパーをこの前外したので今度はフロントバンパーを外してみることに
 
20220119ek9frontbumper01
 
外し方はグリル上部にあるグリップを7つ外し
 
20220119ek9frontbumper16
下部の見えてるボルト2本外し
 
20220119ek9frontbumper17
左右のフェンダーとバンパーを固定しているボルト(写真の穴があいてるとこ)を抜けばバンパー外れます。
 
20220119ek9frontbumper07
バンパー裏はこんな感じ。
 
 
20220119ek9frontbumper02
右下部の四角いポリタンクみたいなのはエアクリーナーのチャンバーかな。
 
20220119ek9frontbumper03
左はウォッシャータンクがありますが蓋が割れちゃったので今回タンクごと交換しました。
 
20220119ek9frontbumper06
ホーンは丸形のが一個ついてるだけで、コネクターはこんな感じです。
 
20220119ek9frontbumper08
ホーンは社外品に交換しました。
 
20220119ek9frontbumper09
ヘラーのクラシックホーンセットにしました。
コンパクトでよい感じです。
音はちょっとだけ良くなりました。
 
20220119ek9frontbumper12
ヘッドライト下にはバンパー固定用の金具がありますが水が溜まるんでしょうね。錆びてます。
 
20220119ek9frontbumper13
錆び錆び。 
 
20220119ek9frontbumper15
錆び落としてクリア吹いて組付けました。 
 
20220119ek9frontbumper10
ボンネットのオープナーもグリスで汚くなっていたので 
 
 
20220119ek9frontbumper11
古いグリス落としてグリス塗って組付けました。

| | コメント (0)

2022年1月10日 (月曜日)

シビック リアバンパー マフラー接触部補修

20220110rearbumper20

昨年2月にサイレンサーをSPOONのストリートに交換したのですがいつのまにかマフラーの出口がリアバンパーに接近しててちょっと溶けちゃいました。
(サイレンサーに熱が入ると多少変形するんでしょうね)
 
今は触ってない感じなんですが念のためバンパーとマフラーの出口が接近するところに耐熱テープ貼ることにしました。
隙間が狭いのでバンパーを外すことに。
 
20220110rearbumper16
クリップが横に一列5個並んでるので外して
 
20220110rearbumper19
バンパー左右の写真中央部分の切り欠きのところにボルトが一本留めてあります。
 
20220110rearbumper17
タイヤが邪魔で狭いですがM8のロングソケットとラチェットでこんな感じで回せば外せます。
 
20220110rearbumper18
底面にもクリップが二つ。
 
以上を外せばバンパー外れますが
 
20220110rearbumper03
テールランプすぐ下の金具にバンパーが差し込んであるのでバンパーを強く引っ張る必要があります。
抜けなかったら隙間からスプレーグリス吹くといいかも。
 
20220110rearbumper07
バンパーを裏側から見たところですが上の出っ張ってるところがテールランプ下に差し込んであります。
 
クリップ7つは外したらすべて粉々になりました。
20220110rearbumper09
ホンダの部品番号でいくと 91503-SZ3-003になります。
あらかじめマツヤマ機工 さんで買っておきました。
 
20220110rearbumper01
 
20220110rearbumper05
外したらこんな感じ。
思ったより錆が少なかったかな。
 
20220110rearbumper02
マフラーも見にくいですがFRPがちょっと焦げ付いてます。
 
20220110rearbumper06
バンパー裏側。
バンパーとその下部のリップスポイラーは別体なんですが、裏からボルト5本で固定してありました。
ちょっと砂とかこびりついてたのでしっかり洗ってと。
 
20220110rearbumper03
この真ん中の黒いダクトはトランクからの水抜きらしいのですが、外から逆流しないようにゴムの弁がつけてあります。ダクトにゴムの端が差し込んでありますが一か所ちぎれてたのでタイラップで留めておきました。
 
マフラーで溶けた部分を補修します。
 
20220110rearbumper08
焦げたところの周りをマスキングして紙やすりで平らに磨きます。
この後白いペイントマーカーで塗っときました。
 
 
20220110rearbumper11
耐熱テープの型取りをマスキングテープでして。
 
20220110rearbumper10
厚さ0.2mmで耐熱温度130度なのでマフラーからの熱にはちょっと厳しいかもしれませんが、今は接触してないのでまあ大丈夫でしょう。
 
20220110rearbumper12
耐熱テープに型取りのマスキングテープを貼って切り抜いて。
 
20220110rearbumper13
きれいに貼れました。
 
20220110rearbumper14
きれいに洗って、マフラーも磨きました。
焦げ付いたFRPは2000番の耐水ペーパーで水研ぎしたらきれいに落ちました。
 
20220110rearbumper15
錆びも落とせる範囲で落としておきました。
 
バンパーを元に戻して
 
20220110rearbumper20
きれいにできました。

| | コメント (0)

2022年1月 1日 (土曜日)

本年もよろしくお願いいたします。

20220101hiode
今朝の日の出です。初日の出拝むことができました。
 
2020年末にも1年を振り返ってみましたが2021年も振り返ってみましょう。

 
まず、毎月徒歩と自転車で300kmの目標はすべての月でクリアできました。
 
年間の移動距離は
徒歩 750.8km 
20220101matome07
 

自転車 3438.1km 
20220101matome08



両方合わせて 4189kmでした。 
20220101matome06


 
1日当たり徒歩2.05km 自転車 9.42kmですね。
よく頑張りました(自分で言うなよ)
今年も頑張ります。
 
 
続いて乗り物別の年間走行距離
 
まずは自転車から
 
ロードバイクのORBEA ONIX(2010年式)
今の総走行距離が14680kmで昨年末が13611kmで1069km走りました。
2020年は1734km走ったのでかなり減っちゃいましたね。
今年はもうちょっと乗ろう。
20220101matome01


通勤のMTB GIANT ROCK5200(2003年式)
今の走行距離が30275kmで昨年末が27734kmなので2541km走りました。
8月にごっそり部品自分で取り換えたので楽しくてONIXよりたくさん乗っちゃいました。
20220101matome04

 
 
続いてはオートバイ
 
R1200GS(2013年式)
今の走行距離が61374kmで昨年末が56149kmなので5205km走りました。
SSTRの参加や四国へ行ったのが大きかったかな。
2020年は4105kmだったのでまあまあ頑張って乗りました。
SSTR行ったとき雨の夜で寄る年波には勝てず非常に暗くて見にくかったので補助ライトつけちゃいました
20220101matome03

 
ZZR1200(2002年式)
今の走行距離が125961kmで昨年末が122839kmなので3122km走りました。
昨年も3200kmくらいだったのであんまり乗ってないなあ。
遠出で荷物載せようとするとGSになっちゃうもんなあ。
でも直4エンジンでキャブレターなんで手放したら今後乗れないですものね。
回すと僕には十分くらい速いし、騒音規制がまだ緩かった頃なので排気音迫力ありますしね。
2022年は前後足回りオーバーホールしようと思ってます。
あと、スピードメーターの針、フワフワ揺れるんだよなあ。
ダンパーオイル切れてると思うんだけど。
20220101matome02
25961kmじゃないよ。一周回ってるから125961kmです。
 
最後は自動車
 
シビック(2000年式)
今の走行距離が121595kmで昨年末が115993kmなので5602km走りました。
20220101matome05
途中、オドメーター動かなくなったので実際はもうちょっと乗ってますが。
2020年はコロナで通勤電車もどうなのかという感じでしばらく車通勤してたので7743kmも走ったのですが今年もまあまあ走りましたね。
遠出してないんだけどなあ・・・そんなに走った感じがないなあ。
昨年はマフラーホイールを新調しました。
段々見た目だけはやる気満々な感じになってきました。


全ての移動を合計すると
 
18117.9kmでした。
 
昨年は18657kmだったので大体一緒ですね。
 
今年はもうちょっと走り回って合計20000kmくらい移動したいなあ。
 
でも6月にZZR1200の車検、10月にR1200GSの車検、開けて1月にシビックの車検と地獄の車検三連荘が待ってるw

| | コメント (0)

2021年12月19日 (日曜日)

シビック ホイール交換

20211107ek9tc406
 
シビックのホイールを交換しました。
現在のオドメーター 1201286km
 
アドバンレーシングのTC4
フロントが16インチ 7J 5穴 PCD114.3 インセット35
  リアが16インチ 7J 5穴 PCD114.3 インセット44
 
インセットを前後で変えたのは(ほんとは前後とも44がタイヤがフェンダー内に収まる)フロントにエンドレスの4POTキャリパーを取り付けてあるのでインセット44ではホイールとキャリパーが接触してしまうため。
(インセットの数字が小さくなるとホイールはどんどん外へ出ていきます)
インセット35でホイールとキャリパーの接触は回避できますがタイヤがフェンダーから若干はみ出しそうなので調整式アッパーアームでネガティブキャンバーをつけてフェンダー内に収めることにしました。(シビックはキャンバーを調整することができないのでアッパーアーム交換が必須)
ではリアもフロントに合わせてインセット35にするとどうかと言うとフェンダー内にタイヤが収まりそうにない。
ということで前後インセット違いにしました。
 
この際、フロントがパンクした時を考えるとスペアタイヤはエンドレスのキャリパーに干渉するので、リアタイヤを外して前に持ってきてキャリパーに接触しないように8mm程度のスペーサーを挟んで取り付ける必要が出てきます。
そうするとハブボルトとホイールボルトのネジ山がかみ合う部分がわずかになるのでホイールボルトを10mm長いものに交換することにしました。
 
ハブボルト M12×P1.5 48㎜長
 
ハブボルト交換するとハブとハブベアリングは自動的にアッセンブリー交換だそうです。
(ヒ~~~)
  
ホイールナットは
KYO-EIのRacing Composite R40
 
ハブリングも取り付けました。
KYO-EIのU7364(ホイール側のボア系73mm シビックのハブ径64㎜)
 
ホイールは先にガラスコーティングするので単体でもらってきました。
 
20211107ek9tc403
 
 
20211107ek9tc405
 
 
20211107ek9tc404
 
ホイール単体の重さは体重計で量ってみると
 
20211107ek9tc401
フロントが6.55kg
 

20211107ek9tc402
リアが6.2㎏でした。
 
この前に履いてたENKEIのRS05は
 
フロント 16インチ 7J インセット38が7.3kg
リアが16インチ 7J インセット48が7.15kg
 
でした。
 
フロントで0.75kg/本
リアで0.95kg/本
 4本計で3.4kgの軽量化ですね。
 
タイヤはアドバン ネオーバ AD08Rを流用(2020年3月取付) 
 
20211107ek9tc406
できあがりはこんな感じ
 
20211107ek9tc408

 
20211107ek9tc407
リアはこんな感じ。
 
 
20211107ek9tc409
いい感じに仕上がりました。

| | コメント (0)

2021年9月15日 (水曜日)

シビック ヒューズ交換

ヒューズを21年間一度も交換していないので、とりあえず運転席足元にあるヒューズボックスのヒューズを一通り交換しました。
 
20210723fuse02


20210723fuse01
撤去したヒューズ。少し焼けた感じになってますね。
 
ヒューズ交換後、走らせてみましたが体感できる変化は何もありませんでした。

| | コメント (0)

2021年8月 7日 (土曜日)

シビック フロントアッパーアーム交換

ホイールを変えたいと考えているのですが、今よりインセットがさらに小さいのでフェンダーからタイヤがはみ出しそう。
ということで調整式のアッパーアームにしてネガティブキャンバーを付け、フェンダー内に収まってもらおうという作戦。
 
J’sレーシングの調整式アッパーアームにしました。
 
20210807ek9upperarm04
 シビックのアッパーアームの固定ボルトはエンジンルーム内から差し込むんですね。
初めて知った。
 
20210807ek9upperarm02
 
 
20210807ek9upperarm01
 
 
20210807ek9upperarm05
 
これでホイール変える準備整いました!

| | コメント (0)

2021年5月 5日 (水曜日)

シビック メーター修理

20210218ek9meter04
 
116780km
シビックのトリップメーターのリセットボタンを押したところ、トリップメーターとオドメーターが回らなくなってトホホ。
 
ディーラーさんに相談するも新品部品は出ないのでディーラーさんに修理業者を探してもらい、ディーラーさんから修理業者さんに出してもらいました。
 
故障内容はディーラーさん経由で聞いたのでよくわからなかったのですが、トリップメーター内の部品が破損しててトリップメーターの動きを妨げて、友連れでオドメーターも止まってたようです。
破損した部品は他のEK9のメーターから外して持ってくるしかないのでそれは諦めました。
その部品がなくてもトリップの下一桁が戻らないだけのようなので大した問題ないですしね。
 
とりあえずオドメーター動くようになってよかったよかった。
 
20210218ek9meter03
 
 
20210218ek9meter01
 
 
20210218ek9meter02

| | コメント (0)

2021年2月28日 (日曜日)

シビック サイレンサー交換

20210228spoonmuffler02
 
シビックのサイレンサー交換しました。
SPOONのストリートです。
 
アイドリングではノーマルとさほど変わりませんが少しアクセル吹かすと結構野太い音がします。
 
私の車は平成12年1月登録ですが、車検証の備考欄に「平成10年騒音規制車」の表記がありません。
平成10年騒音規制は
新型車 平成10年10月1日以降
継続車(マイナーチェンジのことね) 平成11年9月1日以降
が対象となります。
シビック TYPE Rは平成9年8月販売開始で新型車の対象には当てはまらないのですが継続車には当てはまりそうな気がします。
平成12年1月登録なので普通に考えれば11年9月1日以降生産と思えるのです。
考えてみると当時TYPE R Xと言う特別モデルがあったのですが(パワードアロック、ステレオ、アルミ製のペダルが特別装備)「ペダルかっこわる」と思い普通のTYPE Rを注文しました。
結果、在庫が私のとこへ来たんだろうなと。
よって平成10年騒音規制の近接排気騒音96dBではなく103dBまで可となっております(ラッキー)
 
このサイレンサーは96dBでも大丈夫なようですが詳細は不明です。
 
音はこんな感じ

 
ついでに平成10年アイドル規制車の表記が車検証の備考欄にあります。
これはアイドリング時の一酸化炭素と炭化水素の規制になります。
型式名にGF-が付くのはこれのせいだって。
 
ちなみにマフラーにプレートが必要なのは平成22年4月1日以降生産の車のようです。
 
20210228spoonmuffler01
  
20210228spoonmuffler04
マフラー内を覗くと奥まで見えるので抜けはよさそうです。
 
20210228spoonmuffler03
 


| | コメント (0)

シビック バッフル付きオイルパンに交換

20210228spoonoilpan01 
エンジンのオイルパンをSPOONのバッフル付きオイルパンにしました。
 
20210228spoonoilpan03
ガソリンの吸い込み口の両脇に鉄板が溶接してあって、急カーブ等で車体が遠心力を受けてもオイルを吸い込み口周りにとどまるようにし空気を吸わないようにするものです。
ついでにオイルパンの固定ボルトも新品にしました。
 
20210228spoonoilpan02

| | コメント (0)

シビック スプールバルブ交換

2021022803
 
壊れたわけではないですが予防保全でVTECの肝、スプールバルブを交換しました。
交換したスプールバルブは他車種との共通部品になってて油圧センサーがとりつけてあります。
このシビックでは無用の長物です。
 
2021022802
古いスプールバルブ。
中はきれいですね。
念のため保管しておきます。
 
2021022801

| | コメント (0)

より以前の記事一覧