« R1200GS 1年点検 | トップページ | ひげそりバッテリー交換 »

2014年10月13日 (月曜日)

グリップシュリンクチューブの取り付け

R1200GS グリップにヒーターが内臓してあるんだけど、グリップがすり減った時にグリップを交換しようとすると部品代が強烈なんだってw

なので、すり減る前にグリップシュリンクチューブで保護しましょう。

Dsc04876
ナックルガードを外して


Dsc04875
シュリンクチューブを被せて、ヒートガンで温めてと。
ヒートガンはプラジェット ハンディタイプ PJ-M10 をアマゾンでぽちりました。

Dsc04879


Dsc04882

できあがりました~


|

« R1200GS 1年点検 | トップページ | ひげそりバッテリー交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« R1200GS 1年点検 | トップページ | ひげそりバッテリー交換 »